ダイソーの600円Bluetoothスピーカーを購入したのでレビュー

ダイソーの600円Bluetoothスピーカー

ダイソーで600円のBluetoothスピーカーが販売されていました。

300円スピーカーに続いて、とうとうBluetoothスピーカーまで来たかという感じです。果たして音質はどうなのか?300円スピーカーを超えるのか?早速購入したのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

600円Bluetoothスピーカーのレビュー

600円Bluetoothスピーカーの同梱物

600円Bluetoothスピーカーの仕様

本体と充電用のUSBケーブル、取扱説明書の3つが入っています。

本体はシリコンゴムで覆われていて防滴仕様とのことですが、説明書によるとシリコンゴム部分のみが防滴仕様でスピーカー部分は防滴ではないということです。浴室での使用はちょっと厳しそう、脱衣所くらいまでかな。あとゴム特有の臭いがします。

600円Bluetoothスピーカーの電源

前面部にはボリュームボタンと再生ボタンが、後ろにはゴムのカバーで覆われた充電コネクタと電源スイッチがあります。購入後は充電しなくてもすぐに使えました。

電源を入れると英語の音声ガイダンスが流れます。(音がデカイ!)AndroidタブレットASUS MeMO Pad HD7とペアリングして適当な音楽を再生してみました。

結果は・・・・・微妙というか残念^^;

音質はラジオと同等程度か少し上くらい。同じダイソーで購入した300円スピーカーの方が遥かに良い音です。

再生中は常時プツプツとノイズが乗っているのも気になりました。大きな音の曲だと気になりませんが静かな曲だとノイズが際立ちます。

また、曲の冒頭が必ず音飛びします。一方、再生中の音飛びはありませんでした。

話題の300円スピーカーがやっと買えたのでレビューします。ネットで話題になっていたので以前から探していたのですが、人気商品なのか近所のダイソーはいつも品切れ状態でなかなか買えませんでした。

ノイズ対策をして再生してみた

Bluetoothは無線LAN等の電磁波を発生する機器の影響を受けると言われています。なのでこれらの機器の電源をオフにしてからもう一度再生してみました。(私の場合は無線LAN、無線マウス、テレビ、モデム、パソコンの電源をオフにしました)

結果は、残念ながら私の環境では全く変わりませんでした。

これは後から気づいたのですが、箱や取説をよく見ると「Androidタブレット」は対応機種の一覧には入っていませんでした。

600円Bluetoothスピーカーの対応機種

「Android搭載スマートフォン」は対応表示があるのですが・・・

対してアップル系は「iPhoneの各種モデル」、「iPad」や「iPod」までが対応機種に入っておりこちらは充実しています。

ノイズの原因が未対応機種の為なのかどうかは分かりませんが、Androidタブレットの方はよく理解した上で購入した方がいいかもしれません。

技適マークに注意

このスピーカーには技適マークが付いています。(下画像参照)

技適マーク

電波を発する製品は国によって規制基準が設けられています。技適マークはこの基準をクリアした証明書みたいなものです。技適マークのついた製品を改造すると違法行為になる場合があるので注意して下さい。

詳しくは総務省のサイトで確認してください。問題になりそうな箇所を引用しておきます。

Q10 技適マークが付いている無線機を改造するとどうなりますか?

A:技適マークが付いている無線機を改造すると、技術基準適合証明の効力が無くなり、技適マークが付いていない無線機と同じ扱いになります。このような無線機を使用すると、電波法違反になる恐れがあります。詳しくは、最寄りの総合通信局へお問い合わせ下さい。

引用http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/

ダイソー商品で改造はありがちな行為ですが、この商品に関しては十分注意した方がいいでしょう。

まとめ

300円スピーカーとは違い、600円Bluetoothスピーカーは残念な結果になりました。

ただ、無線で音楽を聴くという最低限の機能はクリアしていてこの驚異的な低価格を考えれば、割りきって使う分にはアリだと思います。

静かな部屋で使用するとノイズや音質が気になるので、ある程度ザワザワした雑音がある環境で使用するのが正しい(?)使い方なのかなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Twitterフォローボタン