ダイソー300円Bluetooth片耳イヤホンのレビュー

ダイソーで300円のBluetooth片耳イヤホンが売られていました。600円Bluetoothスピーカーに続いて、ついにBluetoothイヤホンまでダイソーで買える時代になるとは。

300円スピーカーに続いて、とうとうBluetoothスピーカーまで来たかという感じです。果たして音質はどうなのか?300円スピーカーを超えるのか?早速購入したのでレビューします。

早速購入してみたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ダイソー300円Bluetooth片耳イヤホンのレビュー

パッケージと中身はこんな感じです。色はホワイトとブラックの2種類がありました。イヤホン本体、イヤーピース(本体に装着済)、イヤーフック、充電用USBケーブル、説明書が入ってます。

ダイソー300円Bluetooth片耳イヤホン

↑パッケージの裏

ダイソー300円Bluetooth片耳イヤホン

それにしてもダイソーでは充電用USBケーブル自体が100円で売っているので、単純計算でイヤホン本体は実質200円ということになるのでしょうか?恐るべしダイソー!

早速電源を入れようとしたら入りませんでした。どうやらバッテリーが完全に放電している模様。この手の製品で初回から電源が入らなかったのは初めてです。大抵の製品はバッテリー残量が少ないながらも電源は入っていたのですが・・・。

説明書には初めて使用する際には約2時間の充電が必要とあったので、とりあえず充電してみると1時間もしないうちに終わりました。

音楽を再生させてみた

音楽再生中ノイズは全く感じられませんでした。600円Bluetoothスピーカーの時は背後で常にジリジリとしたノイズが鳴っていたので、これは意外でした。接続も安定しています。

で、問題の音質ですが「それなり」といったところです。高音も低音もあまり出ていませんね。全体的に音が籠もった感じに聞こえます。

イヤーピースを変えれば少しはマシになるかもしれませんが・・・。そもそも300円のイヤホンに音質を求めるのは酷でしょう。

ボイスレコーダーでマイクの性能を確認してみましたがこちらは問題なし、音声入力の認識も普通に使えました。

バッテリー容量は少ない

連続使用可能時間はパッケージによると最大1時間、同じような製品の一般的なものは4~5時間なので、それに比べると約1/5程のバッテリー容量になります。これは300円という価格を考えれば仕方のないことです。

実際に連続で使用してみると1.5時間程使用できました。但しこれは室内で音量抑えめで使用した場合の結果ですので、屋外で音量を上げての使用であれば、パッケージ通り1時間程度になりそうです。

メインのイヤホンとして1日中外出先でガッツリ使用するのは厳しそうですが、ちょっとした散歩や家事で音楽を聞く程度なら全く問題ありません。片耳イヤホンなので付けていても周囲の音は聞こえるため、両耳のものより安全です。

価格が価格なので、興味のある人は見かけたら即購入で良いと思います。

【おまけ】コーデックを調べてみました

マニアックなネタになりますが、このイヤホンで使用されているコーデックを調べてみました。300円という価格を考えればおそらく「SBC」だと思いますが一応。

調査方法は↓を参照

Android端末でSBCのBitpool値を確認する方法を紹介します。

スマホと300円BTイヤホンを接続した際のログファイル「btsnoop_hci.log」をWiresharkで開いて「btavdtp」でフィルタををかけると、やはり「SBC」で接続されていました。

ダイソー300円Bluetooth片耳イヤホンのコーデック

ちなみにBitPool値は53(最高音質)。

↑BitPool値は「SBC」でフィルタをかけると確認できます。

データ上はSBCの最高音質で接続されていますが、肝心のイヤホン部分の品質がよろしくないのでイマイチな音質になっているものと思われます。(たぶん)

ダイソー300円Bluetooth片耳イヤホン 買いましたか?
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アドセンスリンクユニット

フォローする

Twitterフォローボタン