※当ブログの記事内には広告が含まれています

ソフトバンク光に乗り換えて約2ヶ月が経過 使い心地や感想などを紹介

ADSLからソフトバンク光に乗り換えて約2ヶ月が経ちました。ソフトバンク光の使い心地や感想などを紹介します。

【体験談】ADSLからソフトバンク光に乗り換えた話
ソフトバンク光の申し込みから開通までの流れ、気づいたことなどを実体験をもとに紹介します。

まずは速度について。

測定する時間帯やサーバーで多少前後することがありますが、下りは200~500Mbps以上、上りは100~200Mbps弱くらいは安定して出ています。

↑とある日の測定結果。下りは700Mbpsを超えることもありました。

ADSLと比べて大きなファイルのダウンロードが一瞬で終わるのは良いですね。Windows updateも短時間で終了するようになりました。

たまに表示の遅いWebサイトがありますが、大抵そのサイト自体に問題がある場合が多く(例えばサイトが混雑している等)回線速度そのものは問題ない場合が多いです。

次に光BBユニットについて。

私は1階に光BBユニットを設置しているのですが、Wi-Fiの電波は2階でも安定して受信できています。電波の強度は強いと弱いの間をウロウロしている状態ですが接続が切れることはありません。

多少の障害物があっても問題ないようです。とはいえ、これ以上距離が離れると厳しいかもしれません。ちなみにPCは有線で接続しています。↑の測定結果はPCで測定したものです。(Wi-Fiはスマホとゲーム機で使用しています)

キャンドゥのマルチフリーラックはルーター設置台に最適
キャンドゥのマルチフリーラックをルーターの設置台として使用する方法を紹介します。

最後に不具合について。

この2ヶ月の間に一度だけネットも電話(ホワイト光電話)も全く繋がらなくなることがありました。朝起きた時に気づいたのでどのくらい不通だったのかは分かりませんが、ONUと光BBユニットの電源を入れ直すとすぐに復旧しました。

ちなみに、ONUと光BBユニットの電源を切る(電源アダプタを抜く)順番は「光BBユニット」→「ONU」の順です。電源を入れる場合はその逆の順番です。

とまあおおむね満足なのですが、一つだけ残念なこと↓がありました。

スポンサーリンク

光回線開通後からしばらくしてソフトバンクから連日勧誘電話がかかってくるようになりました

ソフトバンク光が開通して2週間後くらいからでしょうか、連日ソフトバンクからよく分からない電話(おそらく勧誘電話)がかかってくるようになりました。その電話番号は0120から始まる番号です。(詳細な番号はここでは伏せておきます)

ほぼ毎日のように留守電に「ソフトバンクの○○(担当者の名前)です。インターネットをご利用の方へご連絡させて頂きました」とのメッセージが残されていてちょっと怖いくらいです。

メッセージでは何の用件なのかは言わないので、重要なものではないと思い放置していました。この番号を検索してみると分かるのですが、案の定ソフトバンクからの勧誘電話で、評判はあまりよろしくないようです。

あまりにしつこいので先日電話に出てみたところ、やはり勧誘の電話でした。携帯の乗り換えを勧められましたが、その予定はないので断りました。

それ以降今のところ勧誘電話はかかってこなくなったので、同じような電話がかかってくる人は一度電話に出てハッキリ断った方が良さそうです。

【Amazon.co.jp限定】 バッファロー WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2/N 11ac ac1200 866+300Mbps IPv6対応 デュアルバンド 3LDK 2階建向け エコパッケージ テレワーク 日本メーカー 【 iPhone 15 / 14 / iPhone SE (第三世代) / Nintendo Switch / PS5 動作確認済み 】
バッファロー
¥4,451(2024/07/25 03:35時点)
【バッファローの強み】バッファローの無線LAN製品は日本国内販売台数18年連続第1位を受賞(※)。多くのお客様に支持されている無線LAN製品で毎日を快適に。※2019年 BCN調べ
タイトルとURLをコピーしました