ダイソー500円Bluetoothイヤホンはモノラル仕様で確定か

前回レビューしたダイソーの500円Bluetoothイヤホンは、両耳タイプにもかかわらずモノラル再生でした。

ダイソー500円Bluetoothイヤホンのレビューです。

もしかしたら、製品の個体差による不具合かもと思っていたのですが、他の方のレビューをチェックしてみたところ、多くの方がモノラルであることを指摘しています。

これでこのイヤホンがモノラル仕様であることがほぼ確定しました。音質がそこまで悪くなかったので尚更残念です。

あらためてパッケージや説明書を確認してみると、なるほど、確かにどこにもステレオともモノラルとも書かれていませんね。

↑パッケージの裏面。スペック表は掲載されていますが、ステレオやモノラルの表記はどこにもありません。

やはり500円という価格では採算が取れないのでしょうか?

いずれにせよ、しっかり表記はして欲しかったです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ステレオ音声のテスト方法

前回のレビューでさらっと触れましたが、イヤホンのステレオ音声のテスト方法を紹介します。

一番手っ取り早い方法は、YouTubeにあるテスト用の動画を使用すること。「ステレオ テスト」などの単語で検索するといくつか見つかります。

テストといってもやることは簡単で、イヤホンを接続後テスト用の動画を再生して指示に従うだけでOK。

イヤホンがステレオの場合は、右用の音声が流れているときはイヤホンの右側から音が流れ、同様に左用の音声が流れているときは左側から音が流れます。

右(左)用の音声が流れているのに、左(右)からも音が聞こえる場合は、そのイヤホンはモノラル仕様になります。(ダイソーの500円BTイヤホンをテストするとこの結果になります)

↑ダイソーの500円BTイヤホン本体にLRの表記はありますが、モノラルなので全く意味はありません

とはいえ、両耳タイプのイヤホンでモノラル仕様のものは最近はあまり見かけないです。(そういう製品があることはあります)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アドセンスリンクユニット

フォローする

Twitterフォローボタン
Secured By miniOrange