Windows10が20H2から21H2に勝手に更新されました

今月分のWindowsUpdateをかけたところ、いつの間にか20H2から21H2に更新されました。

20H2のサポートが来月で終了するので、いずれはアップデートしようと思っていたのですが、まさか勝手に更新されるとは。

更新自体はADSL環境でダウンロードとインストールも含め40分程で終了。大型アップデートにしては速い方だと思います。

今のところ特に不具合はないのですが、大型アップデートくらいは自分のタイミングで更新させてほしいものです。

Windows10が20H2から21H2に勝手に更新

↑WindowsUpdateをかけると何故か21H2の更新プログラムもダウンロードされました

↑そしてそのままインストールが始まります

↑40分程で21H2にアップデート完了

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Windows10 21H2へのアップデートが速い理由

調べてみるとWindows10の2004、20H2、21H1、21H2は、共通の内部構造をもっており、同じ更新プログラムが使用されています。

大型アップデートと銘打っていますが実際にはマイナーアップデートに近い感じのようです。

そのためアップデートが比較的速くなっていると思われます。

これまで、Windows10は大型アップデートのたびにレジストリやサービス、タスクスケジューラなどの各種設定が初期化されてきました。では、2021年11月17日に公開されたWin...
ADSL環境でWindows10の大型アップデートに挑戦しました。同じ環境の方の参考になれば幸いです。
Windows10 Homeで自動更新を停止する方法を紹介します。

ちなみに「21H2」は2023年6月13日までサポートされます。

それまではWindows10を使うつもりなので強制的なアップデートはやめてほしいのですが、この流れでは無理でしょうね。バックアップはこまめに取った方が良さそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする