USBデバイス記述子の要求が失敗しました と表示されPCにスマホが認識されない場合の解決法

Windows10のPCにスマホやタブレットを接続した際に、「USB デバイス記述子の要求が失敗しました」と表示され、PCにスマホが認識されない現象が発生しました。

デバイスマネージャーを確認すると、unknown deviceとなっていて、さらにプロパティを開くと「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。 (コード 43)」と表示されています。

何度かケーブルを抜き挿ししてみたり、USBポートの挿す場所を変えてみたりPCを再起動しても結果は同じです。

PCにケーブルを挿すと充電は問題なくできるので、ケーブルの断線ではなさそう。また、前日までは普通に認識しており、スマホ、タブレット以外の他のUSB機器も問題ありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

原因はケーブル?

ネットで冒頭のエラーメッセージを検索すると、いろいろな対策方法が紹介されていますが、私の場合は「ケーブルの交換」が有効でした。

ケーブルを交換すると、PCで問題なく認識されました。

交換前のケーブルは充電はできていたので、ケーブルのデータ線のみが断線していたのでしょうか?

ところがこの話には後日談があります。

数日後、今回この記事を書くに当たって、冒頭の現象の再確認と画面のキャプチャを撮影するために、交換前のケーブルでスマホとタブレットをPCに接続してみたのですが、なんと何事もなかったかのように認識しました。

このケーブルはこれ以降も普通に使えています。(断線してなかった?)

認識しなかった時はたまたまケーブルの接触が悪かっただけかなとも思ったのですが、何回も抜き挿しして確認したのでそれは考えにくいです。(その時は何をやっても認識しなかったので)

とはいえケーブルの交換で直ったということは、やはりケーブルに何らかの問題がありそうです。

ちなみに、Microsoftの公式サイトでは解決方法として、ドライバーの再インストールが紹介されていますが、私の場合はこれでは直りませんでした。

何だかよく分からない現象ですが、同じ現象の方はとりあえずケーブルを交換してみてください。私は100円ショップのケーブルでOKでした。(必ずデータ転送対応のものを購入するように)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アドセンスリンクユニット

フォローする

Twitterフォローボタン