スマホでイヤホンを使用すると勝手にGoogleアプリが起動する問題の解決法

スマホでイヤホンを使用して音楽を聴いていると、勝手にGoogleアプリが起動することがよくあります。↓こういうアプリです。

突然何の前触れもなく起動したり、イヤホンの接続部分に少し触れると起動したりして、非常に鬱陶しく音楽を聴くどころではありません。さらに私の環境では何故かボリュームも勝手に上下するので、こうなるともう手がつけられません。

ネット上でもこの問題が報告されていて、Googleアプリ自体を停止するという解決法が紹介されています。私の環境では停止すると確かに起動しなくなりましたが、ボリュームが勝手に上下する問題はそのままでした。

この問題はイヤホンを使用している時だけ発生するので、原因はイヤホンにありそうです。今回いろいろ試してみて解決法が分かったので一例として紹介しておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

原因と解決法

結論から言いますと、原因は「スマホのイヤホンジャックは4極にもかかわらず3極のイヤホンを接続しているから」です。

3極とか4極がよくわからないという場合は、とりあえず「3極のイヤホン=普通のイヤホン」、「4極のイヤホン=普通のイヤホンにマイクやリモコン機能が付いたもの」と考えれば良いと思います。

スマホは元々電話なので、イヤホンジャックもマイク機能に対応した4極が採用されてます。ここに3極のイヤホンを接続すると、イヤホンによっては今回のような誤作動することがあるようです。(3極でも問題のないイヤホンもあるらしい?)

なので、解決法としては「スマホでは4極のイヤホンを使用する」ということになります。

手元に4極のイヤホンがない場合はすぐに購入しても良いのですが、ひとまず100円ショップのもので動作確認をしてみると良いでしょう。

4極のイヤホンの見分け方は先程も書きましたが、イヤホンにマイクやリモコン機能が付いているかどうか、またはプラグの形状でも見分けられます。

↑上が4極のイヤホンのプラグ、下が3極のイヤホンのもの

私はダイソーにあったこちらの4極イヤホンで確認してみました。

その結果、突然のGoogleアプリの起動やボリュームが勝手に上下する問題が嘘のように収まりました。原因は3極のイヤホンによる誤作動で確定です。

さいごに

そもそもこの問題は有線のイヤホンジャックによるものなので、ワイヤレス(Bluetooth)イヤホンを使用することでも解決できます。

とはいえ、お気に入りのイヤホンが有線の3極なのでどうしてもスマホで使いたい、と言う場合は↓このような変換アダプタを使うと誤作動なく使用できるようです。


3極→4極3.5mm変換アダプタ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アドセンスリンクユニット

フォローする

Twitterフォローボタン