Firefoxでアドオンが利用不可になる不具合がようやく修正

先週末(2019/05/03)から発生していたFirefoxでアドオンが利用不可になる不具合がようやく修正されました。私の環境でも突然ほとんどのアドオンが利用不可になり、かなり不便な思いをしました。

「ヘルプ」→「Firefox について」からver.66.0.4に更新できます。

更新後は特に何もしなくても全てのアドオンが復活していました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

不具合発生時の最適な対処法は「待つ」こと

今回の不具合が発生してから、Twitterや掲示板では様々な対処法が投稿されていました。

設定を変更する、ファイルを書き換える、テスト版をインストールする等、かなり情報が錯綜していて、対処法を試して直った人、直らなかった人、直ったけど再発した人が入り乱れて阿鼻叫喚の投稿で溢れていました。

一応公式では、「オプション」→「プライバシーとセキュリティ」の、「Firefox に調査のインストールと実行を許可する」にチェックを入れて放置するという対処法がアナウンスされていましたが、それでも直らなかった人もいたようです。

ソフトウェアの不具合発生時の最適な対処法は、(ケースバイケースではありますが)公式のアップデートが配信されるまで「待つ」ことだと思います。今回の場合、アドオンが使えないのは不便なので1秒でも早く直したいという気持ちは分かりますが、十分な知識を持たないであれこれ弄り回すのは、かえって不具合を悪化させるだけのような気がします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アドセンスリンクユニット

フォローする

Twitterフォローボタン