DSLiteの液晶画面がいつの間にか壊れていました

壊れたDSLiteの液晶画面

ものすごく久しぶりにDSLiteを起動してみたら、上の写真のように液晶画面が壊れていました。

画面はこんな状態ですが、ゲームは普通に動いているようです。プレイできないことはないですが、かなり気になります。

写真では下画面も壊れてますがタッチスクリーンは正常なので、壊れているのは液晶画面だけのようです。音も正常に鳴ります。各種ボタンも良好。

そんなに乱暴に扱ったつもりはなかったのですが、購入したのが2006年位だったのでさすがに寿命なのでしょうか?

DSLiteは、DSはもちろんGBAのゲームをプレイするときに重宝してました。GBASPより画面が綺麗なんですよね。なのでかなりショックです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

修理価格を調べてみました

壊れていると分かると余計プレイしたくなるのが人情というもの。早速修理価格を調べてみました。

任天堂のサイトで調べてみたところ、残念ながら修理の受付が終了していました。

参考https://www.nintendo.co.jp/support/repair/syuryou.html

中古DSLiteを求めて

修理出来ないとなると、中古の本体を手に入れるしかありません。

早速近所の中古ショップを回ってみたのですが、中古のDSLiteは全く置いてなかったです。あるのはDSiばかり・・・。(DSiはGBAがプレイできないので今回はパス)もう10年近く前のゲーム機なので、買い取りが終了していてもおかしくはありませんね。

それだったらオークションサイトで探せば良いのでは?と思われるかもしれませんが、出品者とのやり取りや、手続きがなんか面倒くさそうなので、私は断然中古ショップ派なのです。

で、探しまわってようやく見つけたのがジャンクコーナーにあった500円のこちらのモノ。

ジャンク品扱いのDSlite

ジャンク品といえど動作確認済との表記があったので速攻で購入しました。付属品は充電アダプタのみ、多少の汚れはありますが目立った傷もなく、本体の状態も比較的良さそうです。これなら許容範囲でしょう。

ジャンク品である理由が判明

家に持ち帰って早速開封してみたところ・・・

臭い!

前の持ち主の家のニオイなのか何かはわかりませんが、とにかく臭いです。なるほど、ジャンク品として売られていた理由はコレだったんですね。

とりあえず動作確認です。

ジャンク品扱いのDSliteの液晶画面

特に問題ありませんでした。よかった。

ジャンク品は実際に購入してみないと、当たりかハズレかが分からず返品も不可なことが多いですが、今回は当たりだったようです。(いやこの臭いはやっぱりハズレか?)

安いものにはそれなりの理由があるということですね。ジャンク品なら尚更。

みなさんもジャンク品を購入する際はご注意を!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Twitterフォローボタン