Amazonを騙るフィッシングメールが大量に届いた話

最近あまり使用していなかったメールアドレスをチェックしてみると、とんでもない数のフィッシングメールが届いていました。

Amazonを騙るフィッシングメール

↑フィッシングメールの一部、この他にも大量に届いていました

その中でも特に多かったのがAmazonを騙るメール。しかも今回チェックしたメールアドレスはAmazonには一切登録していないにもかかわらず大量に送り付けられていました。(この手のメールは無差別に送っているようです)

そのおかげで一発で偽物と気づくことができたわけですが、中には巧妙なものもあったので特に気になったものをここで紹介しておきます。

以下で紹介するのはすべて実際に送られてきたフィッシングメールです。同じようなメールを受信した方はメール内のボタンは無闇にクリックしない方が良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Amazonを騙るフィッシングメール

まずは典型的なものから。

「あなたのアカウントは一時的にロックされています」という誘い文句でボタンをクリックさせ、パスワードなどを盗み取ろうとしていますが、突然挟まれる「ありがとうございました」などよく読むと日本語が微妙におかしいです。

ボタンは絶対にクリックしないように。文末の「敬具」が若干イラッとします。今回私に送られてきたメールはこのタイプが一番多かったです。

次に多かったのが「Amazonプライムの更新」と「クレジットカード情報の更新」を促すもの。このメールが厄介なのは日本語に不自然な点が全くないことです。

↑よく見ると所々文字の間に不自然なスペースが入っている箇所がありますが、日本語としておかしなところはありません。(でも偽物です)

私の場合はAmazonに一切登録していないメールアドレスに届いたのですぐに偽物と分かりましたが、Amazonに登録しているメールアドレスに届いた場合は、心当たりのある方にとっては判断に迷う文面です。こちらもボタンやリンクは絶対にクリックしないように。

最後に個人的に一番気になったものはこちら。以前の記事で紹介した本物のセキュリティアラートを装った偽メールです。

私は以前に本物のセキュリティアラートメールを受け取ったことがあるので一瞬ドキッとしました。

よく見ると冒頭の「異常は検出されました」という日本語に少し違和感があります。また、日時やデバイスが全く心当たりのないデタラメなので落ち着いて判断すれば偽物と分かります。

これに関しては、本物のセキュリティアラートメールを受け取ったことがある人ほど引っ掛かる可能性があると思います。要注意です。

まとめ

いろいろ紹介しましたが、Amazonからのメールで件名が「お支払い方法の情報を更新」や「アカウントは一時的にロック」のようなものに関しては、基本すべて偽物と思って良いと思います。

一番重要なのはメール内のリンクやボタンを絶対にクリックしないこと。次に念のためそのメールが本物かどうか確認することです。

Amazonからのメールが本物かどうかを確認する方法はこちらの記事を参考にしてください。

Amazonからのメールが本物かどうかの見分け方を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アドセンスリンクユニット

フォローする

Twitterフォローボタン